開運表札

表札は一家の象徴であり、
守り札でもあります。

表札に書かれた「姓名」には、その方の「生命」が宿っていることをご存知でしょうか?
表札を掛けていない家や、
表札自体が黒ずんだり、汚れて字の読みづらいものや、
亀裂のあるもの、
死後一年を過ぎても他界者名で掛けてあるもの
等は、
発展性の乏しい威力のない家
となりますので、
掛け替える事をお勧めします。

表札は檜材で!

泉印房では
初代より、檜材一筋
でお客様にお勧めしております。

檜は千三百年の古都をささえた樹木。
世界文化遺産の法隆寺は
世界一の木造建築です。
檜は神社、仏閣を建造する際には多く使われ、
霊験あらたかな樹木と
されています。
黄白色で質が緻密、
光沢も香りも良く
保存にも良い 、これこそが、
表札として適材と
いえるでしょう。
天に向かって聳え立つさまと、
昔、この木をこすって火を起こした事から
隆盛、隆運の象と
されています。
書体 楷行書(楷書体と行書体の中間)が良い。
楷書体は融通性に欠ける堅苦しさが有り、
完全な行書 体ですと崩しが多く読みにくいものです。
なんといっても自然体の字が
親しみ易く
抵抗感がありません。
表札

本来、玄関には「表札」、門には「門札」が
正しい掛け方です。

門札苗字のみ その屋敷の入り口として
門がありますので、
その敷地を示すものですから苗字のみ。
表札姓名 その家の当主の名前を入れ、
大黒柱として頑張っている人を
明示します。

ご家族の健康と末永い発展と繁栄を願って。

泉印房では、
皆様ご一家の繁栄をお祈りし、吉日を選び、
店主直筆による開運表札を
心を込めてお作りいたします。
表札は「掛ける日時・場所・位置」が非常に大切になります。
詳しくは、お気軽に当店にお尋ねください。
表札